FC2ブログ

祇園祭2010~お迎え提灯~

鉾建てが


始まりました




DSC03500.jpg



祇園祭2010②


☆7月10日(土)午後☆


京都市内にも


コンチキチン♪の音色が流れ出し


各鉾町では10日から

鉾建てが始まります





こちらは四条通りに面した

月鉾の保存所


DSC03491.jpg



鉾建ては

毎年7月の10日から13日の間に組み建てるんどすが


組み建てには

1本の釘も使わず

縄だけで結い合わせる

「縄がらみ」と呼ばれる伝統の手法が用いられます



DSC03492.jpg



こちらは月鉾の

鉾建ての様子


御覧のように

京都の中心通り四条通りも

この期間ばかりは交通規制


一車線に規制どす^^;



DSC03493.jpg




DSC03497.jpg



この時ばかりは

バス停留所も移動



そう

何者も祇園祭には

勝てないわけなんやなぁ^^;




DSC03499.jpg





こちらは

長刀鉾の鉾建て




DSC03503.jpg



順序としては

初めに櫓(やぐら)を横倒しにして組み立て

真木(しんぎ)を結びつけた上で

綱を引いて建て

車輪や石持を付け



DSC03508.jpg




懸装品を掛け

3日間かけて完成となるわけでございます





この日

鉾建て見物以外に

もう一つ目的がありまして




それが

お迎え提灯の見物です^^



DSC03538.jpg


☆7月10日(土)夕方☆


四条河原町の交差点


京都随一の賑やかな通りに行列が




DSC03520.jpg


やって参りました




DSC03522.jpg


「お迎え提灯」とは

昭和27年に復活した祇園祭の行事


神輿洗(みこしあらい)の神輿を迎えるために

趣向を凝らした提灯行列が

八坂神社から出発し

所定のコースを巡ります




行列には


武者姿の童や



DSC03526.jpg




提灯傘やら


DSC03527.jpg



市役所前で

奉納舞を披露する

鷺踊り隊



DSC03534.jpg




かわいい

小町踊り隊が続く



DSC03536.jpg



そして


行列の最後尾

2騎の騎馬は・・・・



DSC03540.jpg




出ました~!


お稚児さんである




DSC03542.jpg



お迎え提灯の見物を終え



四条通りに戻って来ると



DSC03545.jpg



雄蝶結びの完成した


長刀鉾




鉾を組み立てる各木は


DSC03548.jpg




釘を一切使わないため

複雑な継ぎ目をしてますねぇ





+祇園祭(ぎおんまつり)+

東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれた
貞観年間(9世紀)より続く
京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭であるが
そのなかでも「宵山」(7月14日~16日)、「山鉾巡行」(7月17日)、「神輿渡御」(7月17日)などが
ハイライトとなっている

宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、屏風祭の異名がある
また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため
動く美術館とも例えられる

京都三大祭り(他は上賀茂神社・下鴨神社の葵祭、平安神宮の時代祭)、さらに大阪の天神祭
東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの1つに数えられる
また、岐阜県高山市の高山祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで日本三大曳山祭の1つに
前述の高山祭、滋賀県長浜市の長浜曳山祭と並んで日本三大山車祭の1つにも数えられるなど
日本を代表する祭である

スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ