FC2ブログ

祇園祭2010~長刀鉾~

長刀鉾に乗る



DSC03742.jpg


祇園祭2010⑤


☆7月16日(金)午後☆


屏風祭を見物したあと

いくつかの山鉾を回ります




放下鉾



DSC03627.jpg



DSC03632.jpg




DSC03635.jpg




南観音山


DSC03637.jpg



DSC03638.jpg



DSC03639.jpg





DSC03640.jpg






北観音山


DSC03643.jpg



DSC03648.jpg





私が祇園祭の際

ここ数年持ち歩いている本がこちら



DSC03651.jpg


山鉾や祇園祭について詳しく載っている



しかも御集印帳にもなっている^^

毎年

3、4の山鉾の集印をしているので

あと5年ぐらい

これで祇園祭を愉しめるわけなんどす

お勧めの本です



DSC03653.jpg





DSC03654.jpg




DSC03655.jpg




DSC03658.jpg




DSC03659.jpg





四条通りに戻り

長刀鉾の前まで



DSC03738.jpg



ちまきを買い

鉾に乗せていただき見物する^^



まずは

上り口にあたる保存所の二階へ



DSC03740.jpg



長刀鉾は山鉾巡行の際

毎年くじを取らずに先頭をいく鉾


鉾名は鉾頭の長刀に由来します


現在でもかむろを従えた生稚児を乗せ

常に先頭を切り

一里塚松飾式という松原中之町の町家に

御神酒を献じる儀式を残すなど

歴史や意識

格式においても祇園祭の代表となる鉾


全ての山鉾はこの鉾が

注連縄を切って動かない限り巡行することは出来ません




未だに女人禁制となる鉾には

女性は乗ることが出来ません





二階から鉾への

渡し橋をわたり鉾に乗ります


鉾の中からの景色

見上げる空

四条通りもなんか雰囲気変わるなぁ


DSC03745.jpg



大屋根の破風裏には

金地に群鳥飛翔

こちらは水鳥達


DSC03748.jpg



小鍛冶宗近が神剣を

鍛造する姿を彫刻したもの


片岡友輔(かたおかゆうきょ)の作

背景となる屋根裏には孔雀の図


DSC03753.jpg




DSC03754.jpg





彫柱に触ったりも出来ます

嬉しがって触ってます^^


DSC03756.jpg




中央の天井幕には

赤地錦に五彩の雲を刺繍してはります


DSC03757.jpg




こういう部分は

下からは決して見えないところなので

良い経験させていただきました



かっこよかったなぁ




+祇園祭+

東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼である
京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭であるが、そのなかでも
「宵山」(7月14日〜16日)、「山鉾巡行」(7月17日)、「神輿渡御」(7月17日)などが
ハイライトとなっている

宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため
屏風祭の異名がある
また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため
動く美術館とも例えられる

京都三大祭り(他は上賀茂神社・下鴨神社の葵祭、平安神宮の時代祭)
さらに大阪の天神祭、東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの1つに数えられる
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ