FC2ブログ

祇園祭2010~還幸祭~

ほいっと

ほいっと!


ほいっと

ほいっと!



DSC03813.jpg


祇園祭2010⑦


☆7月24日(土)夕方☆



還幸祭(かんこうさい)は17日の神幸祭(おいで)から

7日間

四条寺町の御旅所に鎮座されていた3基の神輿が

八坂神社に還る祭です


神幸祭がおいでと呼ばれるのに対して

還幸祭(おかえり)とも呼ばれています
(そのままですが^^;)



3基の神輿の内

中御座と東御座の2基の神輿は

私の住む四条大宮を通るため


仕事がない時は

観にいってるんどす




まず先陣は夕方(17時)に御旅所を出発した中御座の一行です


DSC03791.jpg



やって来ましたねぇ^^

DSC03792.jpg


四条より北の大宮通りは

急に道が細くなるんですが・・・・

そんな道でもゾロゾロと一行は北上します

この後

三条通へと


DSC03799.jpg



この日は夕立で

一時激しい雨が

馬上で合羽ですか!・・・長い間・・・還幸祭観てますが・・・こりゃ珍しい姿


DSC03804.jpg



この先陣に遅れること15分ほどで


中御座の本体(神輿)がやって来ることに



DSC03805.jpg


来たよ


DSC03806.jpg


DSC03808.jpg



ほいっと

ほいっと!

の掛け声のもと


四条大宮の大交差点で

神輿を回す姿は圧巻でございます

機会があれば

皆さんにも是非御覧いただきたいもんやなぁ


DSC03811.jpg


ほいっと!

ほいっと!


ほいっと!

ほいっと!


DSC03815.jpg



ちなみに

中御座の神輿は六角形の屋根

3基それぞれ屋根の形が異なります


DSC03816.jpg



この後

神輿は大宮通りを北上し



DSC03817.jpg



八坂神社へと

還っていくのでした




+祇園祭(ぎおんまつり)+

東山区の八坂神社(祇園社)の祭礼で、明治までは「祇園御霊会(御霊会)」と呼ばれた
貞観年間(9世紀)より続く
京都の夏の風物詩で、7月1日から1か月間にわたって行われる長い祭であるが
そのなかでも「宵山」(7月14日~16日)、「山鉾巡行」(7月17日)、「神輿渡御」(7月17日)などが
ハイライトとなっている

宵山、宵々山、宵々々山には旧家や老舗にて伝来の屏風などの宝物の披露も行われるため、屏風祭の異名がある
また、山鉾巡行ではさまざまな美術工芸品で装飾された重要有形民俗文化財の山鉾が公道を巡るため
動く美術館とも例えられる

京都三大祭り(他は上賀茂神社・下鴨神社の葵祭、平安神宮の時代祭)、さらに大阪の天神祭
東京の山王祭(あるいは神田祭)と並んで日本三大祭りの1つに数えられる
また、岐阜県高山市の高山祭、埼玉県秩父市の秩父夜祭と並んで日本三大曳山祭の1つに
前述の高山祭、滋賀県長浜市の長浜曳山祭と並んで日本三大山車祭の1つにも数えられるなど
日本を代表する祭である
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ