FC2ブログ

北野天満宮

IMG_2934.jpg

秋色の光の、ある日















IMG_2936.jpg













IMG_2940.jpg

受験生には御馴染みの拝殿















IMG_2963.jpg













IMG_2965.jpg













IMG_2986.jpg














IMG_2988.jpg

御利益がありそうな雰囲気^^
















IMG_2981.jpg













IMG_2993.jpg
















IMG_2995.jpg

平日でしたが

修学旅行生をはじめ、多くの人の姿















IMG_2996.jpg














IMG_3009.jpg

くるたんび、思うねんけど・・・あんたさん、狐やないよね?

天神さんに居はるからには、やっぱり牛やねぇ・・・















IMG_2990.jpg

ちょっと、ちょっと

うちの姿も撮ってぇなー

















IMG_2985.jpg

堪忍、堪忍な^^;



















IMG_2968.jpg

七五三、

今日の主役は、あんたやったねぇ^^






+北野天満宮+

京都府京都市上京区馬喰町
上京区にある神社である、通称、天神さん・北野さん
旧社格は官幣中社、二十二社。京都市民からは「てんじんさん」の愛称で呼ばれる

毎月25日に縁日が開かれ、多くの参拝者や観光客で賑わう
菅原道真を主祭神とし、特に学問の神として知られ多くの受験生らの信仰を集めている
京都市が大学の町であることもあってか、掲げられている絵馬には、大学受験合格を祈願するものが多い
福岡県の太宰府天満宮とともに天神信仰の中心となっており、当社から全国各地に勧請が行われている

アクセス 京都市バス 「北野天満宮前」下車 徒歩1分


+七五三(しちごさん)+

七五三は7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の年中行事
天和元年(1681)11月15日、館林城主、徳川徳松の健康を祈って始まったとされる説が有力である
男の子は3歳と5歳、女の子は3歳と7歳の年の11月15日に、成長を祝って神社・寺などに詣でる
年中行事(神社庁より)、本来は数え年だが、現在は満年齢で行われる場合が多い
地方によっては男の子の3歳を行わない所もある

現在では北海道を除いた全国で盛んに行われているが、元来は関東圏における地方風俗であった
尚、上方発祥の習俗としては十三詣りがあり、これも徐々に全国に広がりつつある
明治改暦以降は新暦の11月15日に行われるようになった
現在では11月15日にこだわらずに、11月中のいずれかの土日・祝日に行なうことも多くなっている
北海道等、寒冷地では11月15日前後の時期は寒くなっていることから
1か月早めて10月15日に行なう場合が多い










プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ