FC2ブログ

龍吟庵


IMG_3498.jpg

昭和39年















IMG_3501.jpg

天才の足跡















IMG_3502.jpg













IMG_3503.jpg













IMG_3504.jpg

龍吟庵は、東福寺の塔頭の一つ

洗玉潤に架けられた橋を渡った山すそに位置する















IMG_3506.jpg













IMG_3511.jpg

現存する日本最古の方丈















IMG_3512.jpg

その庭に

















IMG_3515.jpg

一人の男が出逢った



















IMG_3516.jpg

重森三玲・・・



















IMG_3517.jpg




















IMG_3518.jpg



















IMG_3519.jpg

海中より黒雲を得て、昇りし龍




















IMG_3522.jpg



















IMG_3525.jpg

三玲はん、やっぱり

あんた、凄いわぁ・・・・・・




+龍吟庵(りょうぎんあん)+

京都市東山区本町15丁目812
東山区にある臨済宗東福寺派の寺院で東福寺の塔頭である
東福寺の主要伽藍の東北、本坊庫裏の背後から偃月橋(えんげつきょう)を渡った正面に位置する
東福寺第三世住持、無関普門(大明国師)の住居跡で、東福寺塔頭の第一位に置かれている
毎年11月に、特別に一般公開される

方丈を囲んで東・西・南の三庭からなっている
いずれも重森三玲の手による枯山水の庭で、昭和39年(1964)の作庭である

南庭(無の庭)
方丈の前庭で、白砂を敷いただけのシンプルな庭になっている
西庭(龍門の庭、清光苑)
龍吟庵の寺号に因んで、龍が海から顔を出して黒雲に乗って昇天する姿を石組みによって表現している
竹垣には稲妻模様が施されている
東庭(不離の庭)
大明国師が幼少の頃、熱病にかかって山中に捨てられた時、二頭の犬が国師の身を狼の襲撃から守った
という故事を石組みで表している、鞍馬の赤石を砕いたものが敷かれている。

アクセス  JR奈良線・京阪本線 東福寺駅下車、徒歩10分
      京都市バス 東福寺下車、徒歩10分


スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ