FC2ブログ

hikari-yurari


DSC04026.jpg

相方を連れて、百万遍にある

「ヒカリ・ユラリ」さんへ















DSC04028.jpg

此処は、2年前から私が行きたかった

イタリアンの御店です

内装は、モダンなカフェを思わせる空間で

10名も入れば一杯になる、狭い空間

知らなければ、とても、イタリアンのリストランテとは思えません^^;

夜はコース1種類のみ

・・・と云うのも、この御店

サービスから、厨房まで、オーナーシェフがたった一人で切り盛りされているんです

根性あるなぁ^^


たまに御邪魔する、大阪の「一碗水」を想い出してしまいました^^

ではコースを、どうぞ♪
















DSC04029.jpg

第一の皿

菊菜のパンナコッタ、マスカルポーネチーズと、ソルべしたサーモンを添えて

最初から粋な前菜、こちらのテンション揚げてくれます















DSC04030.jpg

第二の皿

大根のスープ

ケイパーの味がアクセントです















DSC04032.jpg

ここで、自家製ホカチャとグリッシーニが登場

ホカチャ、なかなか美味しかった

二度、おかわりしました♪













DSC04033.jpg

第三の皿

秋刀魚のパスタ

カラスミ盛り、そこに本当は茄子がくるのですが・・・私が茄子が苦手(おこちゃまですね^^;)と

云う事を、事前にお話していたので、わたしの皿だけ大根が入ってました

シェフ、ありがとう^0^

細いパスタに、秋刀魚の崩した身と、EXオリーブオイルが、よく絡んで秀逸な御味でした















DSC04034.jpg

第四の皿

自家製生パスタ、自家製サルシッチャ(ソーセージ)和え

名前は失念しましたが、北イタリアにも生パスタがある事、初めてかもしれません

北の技法で作られた、生パスタ食べるのは

食感のプリプリ感、ソーセージの食感、塩気・・・・美味でした^^















DSC04035.jpg

第五の皿

牛肉の煮込み、マスタードソース

牛肉も、ほろりと柔らかく、味も上品

こちらも美味しくいただきました















DSC04038.jpg

ドルチ

ほうじ茶のジェラートと、下の白いのが和栗ベースの・・・何やったけ^^;

忘れましたが、これも、すごく繊細で美味しかったです















DSC04039.jpg

そして、〆のエスプレッソ

ここまでで、コース4000円という、CPの良さ

私も相方も、満足して御店を出ました

夜は、予約が必須なのと、お一人で全てされているので

料理の流れが、若干、遅いですが・・・お勧めのお店です^^




+hikari-yurari (ヒカリ ユラリ)+

京都市左京区田中大堰町202
Lunch
11:30~14:30
Dinner
18:00~22:00(1日4組のみ)

定休 月曜日
   075-703-7021
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ