FC2ブログ

御香宮神社

DPP_0010.jpg

伝承によると、境内より良い香りの水が湧き出し、その水を飲むと病が治ったので

時の清和天皇から「御香宮」の名を賜ったという















DPP_0011.jpg













DPP_0012.jpg













DPP_0013.jpg













DPP_0014.jpg













DPP_0015.jpg














DPP_0016.jpg



+御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)+

京都市伏見区御香宮門前町174
伏見区にある神社である、旧社格は府社、通称御香宮、御幸宮
伏見地区の産土神である

神功皇后を主祭神とし、夫の仲哀天皇、子の応神天皇ほか六神を祀る
神功皇后の神話における伝承から、安産の神として信仰を集める
また社務所内に小堀政一(遠州)が伏見奉行所内に作ったとされる庭園が移設されている

豊臣秀吉は、伏見城築城の際に当社を城内に移し、鬼門の守護神とした
現在でも古御香宮として残っており、また伏見宮貞成親王に関係が深かったこともあり
境内は陵墓参考地として指定されている
後に徳川家康によって元の位置に戻され、本殿が造営された
表門は伏見城の大手門を移築したものとされている
明治元年(1868)に起こった鳥羽伏見の戦いでは伏見町内における官軍(薩摩藩)の本営となったが
本殿等は無事であった

アクセス 近鉄京都線 桃山御陵前駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ