FC2ブログ

北野天満宮


DPP_0075.jpg

新年、明けましておめでとうございます


元旦の朝

雪化粧の天神さんへ初詣















DPP_0076.jpg













DPP_0077.jpg













DPP_0081.jpg













DPP_0082.jpg













DPP_0083.jpg













DPP_0084.jpg













DPP_0085.jpg















DPP_0087.jpg













DPP_0088.jpg

本年も、よろしゅうお頼もうします^^




+初詣(はつもうで)+

年が明けてから、初めて神社または寺院や教会などに参拝する行事である
一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする、初参り(はつまいり)ともいう

元々は「年蘢り」(としこもり、としごもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から
元日の朝にかけて氏神の社に蘢る習慣であった
やがて年蘢りは、大晦日の夜の「除夜詣」と元日の朝の「元日詣」との2つに分かれ
元日詣が今日の初詣の原形となった

江戸時代末期までは氏神またはその年の恵方の方角の社寺に詣でること(恵方詣り)が多かったのだが
明治以降では氏神や恵方とは関係なく有名な寺社への参詣が普通になっている
また現在でも、除夜に一度氏神に参拝して一旦家に帰り、元旦になって再び参拝するという地方がある
これを二年参りという

初詣が習慣化したのはそれほど古い時代ではなく、明治時代中期のこととされている
明治時代初期までは恵方詣りの風習が残っていたようだが、京阪神において
電鉄会社が沿線の神社仏閣をてんでんばらばらに「今年の恵方は○○だ」と宣伝し始めたために
本来の恵方ではない神社仏閣にも詣でるようになり、恵方の意味が薄れ
有名な神社仏閣にお参りするようになったといわれている

スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ