FC2ブログ

東林院


DPP_0985.jpg

梵燈のあかりに親しむ会















DPP_0986.jpg













DPP_0987.jpg

不惑















DPP_0988.jpg

眼を閉じても、惑わず















DPP_0989.jpg













DPP_0990.jpg













DPP_0991.jpg

不動

















DPP_0992.jpg

眼を閉じても、動じず


















DPP_0993.jpg














DPP_0994.jpg













DPP_0995.jpg

梵燈に映し出された















DPP_0996.jpg

様々な願い















DPP_0997.jpg













DPP_0998.jpg













DPP_0999.jpg

東日本大震災より、七ヶ月















DPP_1000.jpg

眼を閉じて、闇を見つめようとも















DPP_1001.jpg

復興への願い、祈り















DPP_1002.jpg

そのあかりは消えない




+東林院(とうりんいん)+

京都市右京区花園妙心寺山内
臨済宗妙心寺の塔頭の一つ、樹齢300年の沙羅双樹の銘木で知られる
通称は沙羅双樹の寺

享禄4年(1531)、細川氏綱が父の菩提を弔うため現在の京都市上京区に建てた三友院を起源とする
弘治2年(1556)に山名豊国(母が細川高国の娘)が妙心寺(右京区花園)山内に移し
現在の「東林院」と改名した
このときに東林院は細川氏菩提寺から山名氏菩提寺に転じて現在に至っている

基本的に非公開寺院であるが、毎年1月の「小豆粥で新春を祝う会」、6月の「沙羅の花を愛でる会」
および10月の「梵燈のあかりに親しむ会」の時は特別拝観可能である

アクセス 京都市バス 「妙心寺」下車 徒歩5分











スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ