FC2ブログ

瑞峯院


DPP_20879.jpg

IN THE MONOCHROME WORLD














DPP_20878.jpg














DPP_20880.jpg














DPP_20883.jpg














DPP_20881.jpg














DPP_20884.jpg














DPP_20885.jpg














DPP_20887.jpg














DPP_20882.jpg














DPP_20888.jpg














DPP_20890.jpg














DPP_20889.jpg














DPP_20891.jpg














DPP_20886.jpg














DPP_20892.jpg

大徳寺にある、塔頭

瑞峯院(ずいほういん)


重森三玲が手がけた、この御庭は


50年経った現在でも

色あせる事をしりません




+瑞峯院(ずいほういん)+

京都市北区紫野大徳寺町81
北区紫野にある、臨済宗大本山大徳寺の塔頭(たっちゅう)である
境内には大友宗麟夫妻の墓がある
天文4年(1535)に九州のキリシタン大名として知られる大友宗麟が帰依した
大満国師・徹岫宗九(てっしゅう そうきゅう)を開祖に迎え、自らの菩提寺として創建した
瑞峯院という寺号は宗麟の法名「瑞峯院殿瑞峯宗麟居士」から名付けられたものである


+重森三玲(しげもりみれい)+

本名は重森計夫(1896年 - 1975年)は、
昭和期の日本の作庭家・日本庭園史の研究家
三玲が作庭した庭は、力強い石組みとモダンな苔の地割りで構成される
枯山水庭園が特徴的であるとされ、代表作に、東福寺方丈庭園、光明院庭園
瑞峯院庭園、松尾大社庭園などがある

アクセス 京都市バス 大徳寺前下車 徒歩7分
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ