FC2ブログ

車折神社


DPP_21070.jpg

京都には

「櫻」という

季節があるのかも知れません
















DPP_21062.jpg














DPP_21064.jpg














DPP_21063.jpg














DPP_21065.jpg














DPP_21067.jpg














DPP_21066.jpg














DPP_21068.jpg














DPP_21071.jpg














DPP_21069.jpg














DPP_21072.jpg














DPP_21073.jpg

境内で

満開を迎えた、溪仙桜(けいせんざくら)を

眺めながら


季節の事を思いました

そして

京都と云う

産まれた街の事を思いました





+車折神社(くるまざきじんじゃ)+

京都市右京区嵯峨朝日町23
嵯峨にある神社である、社名は「車裂」「車前」とも書いた
旧社格は村社で、現在は単立神社
祭神は清原頼業(きよはらのよりなり)である
頼業は、学問で有名な清原氏の出であり、自身も平安時代後期の著名な漢学者・儒学者であった
大外記の職を長年務め、晩年には九条兼実より政治の諮問を受け、兼実から
「その才、神といふべく尊ぶべし」と評された

社名の「車折」については、ある人が牛車に乗ったまま社前を通った所、突然車が裂けてしまったためとも
後嵯峨天皇の大堰川遊幸の際、社前で突然車が前に進まなくなったので、不思議に思って社の者に問うた所
頼業公を祀ると答えがあったので、還御の後に「車折大明神」の神号と正一位の神階を贈ったためともいう

アクセス 京福電気鉄道(嵐電) 「車折神社」徒歩1分
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ