FC2ブログ

二つの塔


DPP_31017.jpg

冬の夕闇に包まれた

2つの塔















DPP_31018.jpg

京都タワーと















DPP_31016.jpg

八坂の塔


どちらも京都のシンボルです





+京都タワー+

京都市下京区烏丸通七条下る東塩小路町721番地1
下京区にある塔、京阪グループの京都タワー株式会社が運営している
台座となっている京都タワービルを含めた高さは131mあり、京都市内ではもっとも高い建造物である
この高さは、建設当時の京都市の人口が約131万人だったことに由来している
更に無鉄骨で131mの高さは世界一でギネスブックに掲載されている

かつて京都中央郵便局が立地していた場所に、山田守(建築家)の設計管理および
京都大学工学部、建築学教室棚橋諒教授の構造設計により建造され、1964年12月28日に開業した

タワーの姿は市内の町家の瓦葺きを波に見立て、海のない京都の街を照らす灯台をイメージしたものである

タワー上部の展望台からは、市内および周辺のほか天気の良い日には大阪市周辺も望む事ができる
また、展望台のさらに上部には放送局のサテライトテレビカメラが設置されており
このカメラから撮影された映像が折に触れてテレビ放送で使用されている




+法観寺(八坂の塔)+

京都市東山区清水八坂上町388
臨済宗建仁寺派の寺院、山号は霊応山
聖徳太子創建との伝承は文字通りに受け取ることはできないが
平安京遷都(794年)以前から存在した古い寺院であることは確かとされている
朝鮮半島系の八坂氏の氏寺として創建されたという見方が現在の有力説

治承3年(1179)に火災で焼失したが、源頼朝により再建される
その後も幾度か焼失したがその都度再建されている
現在の塔は室町時代に足利義教により再建されたもので
仁治元年(1240)に臨済宗建仁寺派に属する禅寺となる

戦国時代には、地方から上洛した大名が法観寺に定紋入りの旗を掲げることによって
誰が新しい支配者・天下人になったかを世に知らしめたという
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ