FC2ブログ

霊雲院


DPP_35512.jpg

紅葉を逃れて











DPP_35508.jpg

東福寺は、紅葉の名所











DPP_35511.jpg

この季節、大変多くの人が訪れます











DPP_35509.jpg

その中でも、ひときわ沢山の人で沸き返る通天橋











DPP_35515.jpg

その通天橋から、歩いて数分のところにある御寺、霊雲院











DPP_35510.jpg

この沸き返る人波の中、こちらは驚くべき静けさ











DPP_35513.jpg

こちらも、東福寺さんの塔頭寺院なんですが











DPP_35514.jpg

紅葉が無くても、こんなカッコいい御庭があるんです^^



+霊雲院(れいうんいん)+

京都市東山区本町15丁目801
東山区にある臨済宗東福寺派の寺院で東福寺の塔頭である
明徳元年(1390年)に岐陽方秀(きようほうしゅう)が開いたとされ、当初は不二庵と呼ばれていた
岐陽和尚は、天龍寺第六十四世、南禅寺第九十六世、東福寺第八十世に歴任した高僧である
明徳4年(1394年)に遣明船が明国から四書や詩経集伝などを舶載した時
岐陽和尚がはじめてこれらに注釈を加えて講義をされ、後に将軍足利義持に篤く帰依されている
前庭に著名な「九山八海の庭」がある
江戸時代中期に作庭され、久しく荒廃していたものを、昭和を代表する造園家・重森三玲が昭和45年(1970年)に復元した
九山八海(くせんはっかい)とは須弥山を中心に八つの山脈と八つの海がとりまくという仏教の世界観で
遺愛石(いあいせき)を須弥山に見立て、白砂の波紋が山海を表現している

アクセス 京都市バス 「東福寺」 下車 徒歩10分
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ