FC2ブログ

妙心寺 退蔵院


DPP_36398.jpg

胎蔵界曼荼羅(たいぞうかいまんだら)











DPP_36393.jpg











DPP_36394.jpg











DPP_36396.jpg











DPP_36395.jpg











DPP_36397.jpg











DPP_36403.jpg











DPP_36400.jpg











DPP_36404.jpg











DPP_36401.jpg











DPP_36402.jpg











DPP_36399.jpg

秋晴れに、迎えられて

輝き始めた曼荼羅


+退蔵院(たいぞういん)+

京都市右京区花園妙心寺町35
右京区花園にある臨済宗大本山妙心寺の塔頭、初期水墨画の代表作である
国宝「瓢鮎図」を所蔵することで知られる
1404年(応永11年)に越前国の豪族・波多野重通(はたのしげみち)が
妙心寺第三世・無因宗因(むいんそういん)を開山として千本通松原に創建し
日峰宗舜により妙心寺山内に移される
一時期衰退するが、後奈良天皇の帰依が深かった亀年禅愉(きねんぜんゆ)により中興される

アクセス 京福電車 妙心寺駅下車 徒歩5分
スポンサーサイト



プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ