FC2ブログ

宝厳院


DPP_36948.jpg

獅子吼の春











DPP_36938.jpg











DPP_36936.jpg











DPP_36941.jpg











DPP_36944.jpg











DPP_36943.jpg











DPP_36942.jpg











DPP_36939.jpg











DPP_36953.jpg











DPP_36946.jpg











DPP_36940.jpg











DPP_36945.jpg











DPP_36952.jpg











DPP_36950.jpg











DPP_36951.jpg











DPP_36954.jpg











DPP_36955.jpg











DPP_36949.jpg











DPP_36947.jpg











DPP_36937.jpg

釈尊が、説法を施す様子を表す言葉「獅子吼」

この広大な御庭は、「獅子吼の庭」と呼ばれています

この御庭にも、確実な春が訪れています



+宝厳院(ほうごんいん)+

京都市右京区嵯峨天竜寺芒ノ馬場町68
右京区にある臨済宗天龍寺派の寺院で天龍寺の塔頭、山号は大亀山
庭園や建物は時代劇の撮影に使用されている
寛正2年(1461)、細川頼之が聖仲永光を開山に招聘して創建
当時は現在の京都市上京区にあった
応仁の乱(1467 - 1477)に巻き込まれて焼失し、天正年間(1573 - 1591)に再興された

明治時代 河川工事のため、寺域が買い上げられ、天龍寺塔頭の弘源寺内に移転した
平成14年(2002)、天龍寺方丈南側の現在地を購入して移転
「獅子吼の庭」と呼ばれる借景回遊式庭園は、策彦周良の作庭
獅子の形をした獅子岩、岩から生えている破岩の松などが有名、紅葉の名所
旧妙智院庭園は江戸時代には都林泉名勝図会にも紹介された名園
(春・秋の特別拝観日のみ一般公開。また、夜間にはライトアップされて公開される時もある)

アクセス 京福電気鉄道 嵐山駅下車 徒歩8分
スポンサーサイト
プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ