FC2ブログ

宝泉院


DPP_37563.jpg

紅蓮華











DPP_37567.jpg

強くなれる理由を知った











DPP_37571.jpg

僕を連れて進め











DPP_37565.jpg

泥だらけの走馬灯に酔う











DPP_37569.jpg

こわばる心











DPP_37564.jpg

もうすぐ七歳になる息子は











DPP_37570.jpg

好きなアニメの影響で、

LiSAさんの「紅蓮華(ぐれんげ)」ばかり、聴いています











DPP_37572.jpg

大原に向かった私も











DPP_37574.jpg

AirPodsで、紅蓮華を聴きながら











DPP_37566.jpg

眼の前の景色を、

眺めていました


+宝泉院(ほうせんいん)+

京都市左京区大原勝林院町187
大原にある、天台宗の寺院の一つである、観光地としても著名な三千院の参道奥にある
大原寺(勝林院)の僧坊の一つとして、長和2年(1012)に創建されたものである

庭園として盤桓園(立ち去りがたいという意)、鶴亀庭をもち、盤桓園には樹齢300年の沙羅双樹の木が茂る
樹齢700年の「五葉の松」も観光客に人気がある
こちらは京都市指定の天然記念物に指定されている、また、坊内にある「血天井」は
関ヶ原の戦いの前哨戦となった伏見城の戦いの際に徳川家臣鳥居元忠以下数百名が
自刃した伏見城の床板であり、その霊を供養するため天井板としているものである

アクセス 京都交通バス 大原(終点)下車 徒歩15分













スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
https://takanii5.blog.fc2.com/tb.php/1043-a7b6634e

Comment

sakayo | URL | 2019.12.01 08:35 | Edit
宝泉院さんは、いつも入り口前までしか行っておりませんでしたが、
こちらのブログで紹介されているのを見て、今年の春に初めて中に入りました。
お抹茶をいただきながら、季節季節で静かなお庭、いろいろな情景を楽しむことができる素晴らしい場所ですね。
rika3377 | URL | 2019.12.01 16:50
こんにちは。
息子さん、もう7歳ですか~。
本当、早いものです。
紅葉の季節、本当にきれいですね~。
池の鯉にも癒されます。
MACHI* | URL | 2019.12.01 20:50 | Edit
こんばんわ。
息子さんとおでかけでしたか。
小さな目にはどんなふうに見えるんでしょうね
Nao☆ | URL | 2019.12.02 15:55
こんにちは~(=´∀`)人(´∀`=)
紅蓮華、初めて聴きながら🎶コメントしてます。
ご紹介ありがとォございます。
世代の違う文化は、なかなか触れ合うchanceがございませんが、世の中には、powerが漲るモノに溢れてますよね。
こうして触れ合えるchanceをいただいて、とっても嬉しかったです。
どうもありがとォございます🎶
そして…兄さんのお写真もまた…☆
とっても素敵です。(*˘︶˘*).。.:*
| | 2019.12.02 15:58
このコメントは管理人のみ閲覧できます
EkaterinaYoghurt | URL | 2019.12.02 15:59
こちら、この夏に瑠璃光院を尋ねようと検討した時に同じく検討したお寺でした。
老木の景色も向こうが竹林の山深さを感じる景色も・・・こんなに素敵なんですね。
息子さんと一緒の音楽を聴きながらの道中、心温かだったことでしょうね^^
sakura | URL | 2019.12.02 16:00
高兄さん、こんにちは。
宝泉院の額縁庭園、五葉松と紅葉が見事に
調和して美しいですね。
まさに錦秋の京都を代表する寺院。
京都の郊外でありながらも
紅葉シーズンは、混雑しますね。
息子さんと一緒に眺めるお庭は、
また格別。
幼い頃から、歴史あるものや美しいものに
触れて育つと
大人になって大きな宝になりますね。
ミネット | URL | 2019.12.02 17:58
高兄さんの写される宝泉院は季節の美しさとその時の心境を写しこまれているんですね。晩秋の静けさに静かな強い決意を感じます。1枚目、4枚目、最後の写真素敵ですね。
メイフェ | URL | 2019.12.02 22:18 | Edit
小さい頃からパパと一緒に
こんなに美しい季節を観ていたら
どんなにか感性の鋭い大人になるんでしょう。
楽しみです♪
アラック | URL | 2019.12.03 10:52 | Edit
高兄さん、ご無沙汰しています、アラックです。素晴らしい額縁をいっぱいありがとうございます。夢の世界です。お見事バグースです。お子様と一緒の撮影も近いですね。水中映像サークルのカレンダー、もらっていただけないですか。鍵コメをお願いします。
れんげそう | URL | 2019.12.03 21:22 | Edit
見事な額縁 見事な紅蓮華

宝泉院さん 秋たけなわですね

高兄さんの京都は別格です

いっつも魅せられます

最近はなかなかですが また行ってみたいと思います

ご子息はもう7歳をお迎えになるのですね
ご一緒の楽しみも大きくなりますでしょう^^

初めて高兄さんにコメントをいただいたのが
宝泉院さんのアップでした
懐かしく思い出しています
マリエ | URL | 2019.12.04 00:44
高兄さん
こんにちは、コメント欄開きましたね。


幼少の頃からこう言った美しい風情ある建築や自然を見て育つって素晴らしいですね。だから京都の人の持つ感性、色彩感は素晴らしいのでしょうね。

相変わらずお写真もしっとりと素敵〜^_^
高兄 | URL | 2019.12.04 17:44
sakayoさん、こんにちは

> 宝泉院さんは、いつも入り口前までしか行っておりませんでしたが、
> こちらのブログで紹介されているのを見て、今年の春に初めて中に入りま

そうでございましたね~^^

来迎院、実光院も、おすすめですよ^0^

> お抹茶をいただきながら、季節季節で静かなお庭、いろいろな情景を楽しむことができる素晴らしい場所ですね。

此処の、御庭

大好きです♪
高兄 | URL | 2019.12.04 17:47
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> 息子さん、もう7歳ですか~。
> 本当、早いものです。

あっと云う間、いやいや、やっとかな^^;

> 紅葉の季節、本当にきれいですね~。

京都には多くの方が訪れる季節です

彩が多様な季節なんですよ^^

> 池の鯉にも癒されます。

ついつい、レンズが向いてしまいます
高兄 | URL | 2019.12.04 17:49
MACHI*さん、こんにちは

> こんばんわ。
> 息子さんとおでかけでしたか。
> 小さな目にはどんなふうに見えるんでしょうね

どうでしょうかね^^;

そちらは、早、冬ですね

京都は、落ち葉の季節となりました
boheme0506 | URL | 2019.12.04 17:50
高兄さん、こんばんは~♪
宝泉院の紅葉、こんなに景色ごと綺麗のですね。
紅葉真っ盛りの時期には行ったことがなのです。
こちらにも立ち寄ればと思いました。
人気の場所を独り占めすごいです~♪
高兄 | URL | 2019.12.04 17:51
Naoさん、こんにちは

> こんにちは~(=´∀`)人(´∀`=)
> 紅蓮華、初めて聴きながら🎶コメントしてます。
> ご紹介ありがとォございます。

いえいえ

いま、アニメの影響で

巷でよく聴かれている楽曲のひとつでは

> 世代の違う文化は、なかなか触れ合うchanceがございませんが、世の中には、powerが漲るモノに溢れてますよね。
> こうして触れ合えるchanceをいただいて、とっても嬉しかったです。
> どうもありがとォございます🎶
> そして…兄さんのお写真もまた…☆
> とっても素敵です。(*˘︶˘*).。.:*

被写体が、素晴らしい御蔭です

私の腕前は、未だ、未だです

レベルアップしていきたいです♪
高兄 | URL | 2019.12.04 17:53
鍵コメ様、

ご心配頂き、恐縮いたします

ありがとうございます

無事、退院

週末には、7歳になる息子

元気になりました^0^
高兄 | URL | 2019.12.04 17:56
Ekaterinaさん、こんにちは

> こちら、この夏に瑠璃光院を尋ねようと検討した時に同じく検討したお寺でした。

静けさで云えば、

宝泉院や、蓮華寺をお勧めします

私、現在の様な状況になってから

瑠璃光院には、一度も行ってないです^^;

> 老木の景色も向こうが竹林の山深さを感じる景色も・・・こんなに素敵なんですね。
> 息子さんと一緒の音楽を聴きながらの道中、心温かだったことでしょうね^^

こちらの御住職とは、

数年前から、懇意にさせて頂いていて

気さくで、お話も上手なんですよ^^
高兄 | URL | 2019.12.04 17:59
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
> 宝泉院の額縁庭園、五葉松と紅葉が見事に
> 調和して美しいですね。

そうですね

こちらの額縁風景は

京都の御寺の中でも、別格ではないでしょうか^^

> まさに錦秋の京都を代表する寺院。
> 京都の郊外でありながらも
> 紅葉シーズンは、混雑しますね。

ですね

見切れないタイミングも、運、不運あるかも^^;

> 息子さんと一緒に眺めるお庭は、
> また格別。
> 幼い頃から、歴史あるものや美しいものに
> 触れて育つと
> 大人になって大きな宝になりますね。

だと、良いんですが・・・

親馬鹿ですかね??ちょこっと、期待しちゃいます><
高兄 | URL | 2019.12.04 18:02
ミネットさん、こんにちは

> 高兄さんの写される宝泉院は季節の美しさとその時の心境を写しこまれているんですね。

いやいや、恥ずかしや

前半のキャプションは

「紅蓮華(ぐれんげ)」の歌詞、引用です


>晩秋の静けさに静かな強い決意を感じます。1枚目、4枚目、最後の写真素敵ですね。

こちらの、御庭、

新緑や、雪化粧も

とても美しく、お勧めです

息子さんと、いつか、訪ねてください^^
高兄 | URL | 2019.12.04 18:04
メイフェさん、こんにちは

> 小さい頃からパパと一緒に
> こんなに美しい季節を観ていたら
> どんなにか感性の鋭い大人になるんでしょう。
> 楽しみです♪

上の娘は

御存知の様に、台北、満喫しましたが

下の息子も、いつか、台北の夜市(遊戯物)

連れて行ってあげたいです

絶対、喜びます(勿論、台中も)
高兄 | URL | 2019.12.04 18:07
アラックさん、こんにちは

> 高兄さん、ご無沙汰しています、アラックです。素晴らしい額縁をいっぱいありがとうございます。夢の世界です。お見事バグースです。

恐縮です、被写体が素晴らしいせいです

私は、カメラ、もっと精進していきたいです^^

>お子様と一緒の撮影も近いですね。

で、ですか??

息子がカメラを持つ頃には、スマホカメラ全盛かも^^;


>水中映像サークルのカレンダー、もらっていただけないですか。鍵コメをお願いします。

凄いですね、カレンダー!!

興味津々^^v
高兄 | URL | 2019.12.04 18:10
れんげそう様、こんにちは

> 見事な額縁 見事な紅蓮華
>
> 宝泉院さん 秋たけなわですね
>
> 高兄さんの京都は別格です
>
> いっつも魅せられます

そう云って、皆様にお褒め頂くもので

私は、いつも木登り状態で、浮かれる紅葉シーズン^^;

褒められて伸びるタイプ、今後ともよろしゅうに^^v

> 最近はなかなかですが また行ってみたいと思います
>
> ご子息はもう7歳をお迎えになるのですね
> ご一緒の楽しみも大きくなりますでしょう^^

今週末で、7歳

やっとこさです

> 初めて高兄さんにコメントをいただいたのが
> 宝泉院さんのアップでした
> 懐かしく思い出しています

そうでございましたね~

私も、懐かしく感じます^^
高兄 | URL | 2019.12.04 18:14
marieさん、こんにちは

> 高兄さん
> こんにちは、コメント欄開きましたね。

はい、

おおきに^^

> 幼少の頃からこう言った美しい風情ある建築や自然を見て育つって素晴らしいですね。

美しい画を見る、かっこいい絵を見る

素晴らしいデザインも観る

とても、大切な事でしょうね、同感です

>だから京都の人の持つ感性、色彩感は素晴らしいのでしょうね。

> 相変わらずお写真もしっとりと素敵〜^_^

手前味噌な話ですが・・・

京都の住んでいて

カメラが愉しい部分、有るのかなって思うときもあります^^
高兄 | URL | 2019.12.04 18:16
さおりさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは~♪
> 宝泉院の紅葉、こんなに景色ごと綺麗のですね。

ですよね

紅葉の景色、見事な宝泉院さん^^

> 紅葉真っ盛りの時期には行ったことがなのです。
> こちらにも立ち寄ればと思いました。

やはり、午前中

出来れば、平日が良いんでしょうね

> 人気の場所を独り占めすごいです~♪

いやいや

ひっきりなしに、人は来てました^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ