FC2ブログ

高桐院


DPP_37575.jpg

再開











DPP_37576.jpg











DPP_37580.jpg











DPP_37586.jpg











DPP_37583.jpg











DPP_37584.jpg











DPP_37587.jpg











DPP_37589.jpg











DPP_37582.jpg











DPP_37578.jpg

約2年半の改修工事から

拝観を再開された、高桐院(こうとういん)さん

侘び寂びの世界を求め、多くの方が訪れていました


+高桐院(こうとういん)+

京都市北区紫野大徳寺町73-1
高桐院(こうとういん)は臨済宗大徳寺派大本山大徳寺の塔頭のひとつである
開基(創立者)は細川忠興(三斎)、開山(初代住職)は玉甫紹(ぎょくほじょうそう)
正保2年(1645)に、83歳で没した忠興の遺言により、その遺歯が高桐院に埋葬された
以後細川家の菩提寺として庇護される

アクセス 京都市バス205番206番 大徳寺下車 徒歩10分




スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
https://takanii5.blog.fc2.com/tb.php/1044-bdaecbb8

Comment

れんげそう | URL | 2019.12.07 09:27 | Edit
待っていました 高桐院さん

このアプローチに一目で惚れたんです

夏に一度伺ったきり 青もみじに染まる高桐院さんもいいですが
晩秋のシックな高桐院さんはまた別格ですね

色が落ちてきた 終わりの紅葉も良く似合って^^

赤い毛氈 夏に訪問した時にこの毛氈の上に海外からのゲストたちがゴロゴロと寝ておりました!
びっくりしたけど 妙に可笑しかった私でした
今なら写真を撮るのですが その時はスルーしちゃいました^^
sakura | URL | 2019.12.07 09:52
高兄さん、こんにちは^^
高桐院の参道、何度訪れても
胸がときめく瞬間です。
二年半ぶりの待ちわびた再開ですね。
特に紅葉の時は、彩りが華やかで
美しいですね。
高兄さんがいらした時は
南庭の苔庭も赤く染まり始めた頃ですね。
侘びさびを求めて、日本文化を勉強してじっくりと高桐院を散策している方たちもいて微笑ましく嬉しかったり、ミーハー的に来られている方もいてなんだか複雑
な気持ちでした。。。
Nao☆ | URL | 2019.12.08 11:32
冬枯れにはまだ早い…でも、十二分にその温度感伝わります…。
この何とも言えない、薄墨の空がね、物言わず語ってます。
一番寒い季節に上洛したいと、数年前にお出かけしました。
雪景色もあれば尚一層のお楽しみでしたが…。
漁師さんが絞めたシシをいただいて、身体がほっこりしたのを思い出します。
EkaterinaYoghurt | URL | 2019.12.09 12:59
1枚目の写真の参道、素晴らしい風景とお写真ですね。
晩秋というか初冬というか、今の季節らしい色合いや空気感、暗さを感じます。
敢えて暗い色調のままかと思いますが、写真って暗くてもいいんだな〜と気づかせていただきました。
マリエ | URL | 2019.12.09 15:35
秋深まる感(初冬かな)が見事に表現されていて日本ならではの紅葉の風情ですね。

物悲しさ感もじーんときます。

こっちは今17度。
ロシアの観光客(こんな時期でも来るんだ)は半袖短パンで闊歩しています。(^^)

ke-n | URL | 2019.12.10 16:39
高兄さん、こんにちは。

残った葉もみじ、落ち葉もみじがなんとも侘しく、美しく感じられる季節になりました。
もうすぐ白いものがちらほらと、そこまでやってきているような風情でございますね。
最後のお写真でそんなことを想いました。


高兄 | URL | 2019.12.11 08:16
れんげそう様、こんにちは

> 待っていました 高桐院さん
>
> このアプローチに一目で惚れたんです

この参道は有名ですよね^^

人々の目、ひきつけます

> 夏に一度伺ったきり 青もみじに染まる高桐院さんもいいですが
> 晩秋のシックな高桐院さんはまた別格ですね
>
> 色が落ちてきた 終わりの紅葉も良く似合って^^

紅色だけでなく

色んな色が混ざり合う、晩秋が特に好きです

> 赤い毛氈 夏に訪問した時にこの毛氈の上に海外からのゲストたちがゴロゴロと寝ておりました!
> びっくりしたけど 妙に可笑しかった私でした
> 今なら写真を撮るのですが その時はスルーしちゃいました^^

人影が、良い味出してくれるかも、ですね^^v
高兄 | URL | 2019.12.11 08:18
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは^^
> 高桐院の参道、何度訪れても
> 胸がときめく瞬間です。
> 二年半ぶりの待ちわびた再開ですね。

sakuraさんも、訪れられたんでしたね

よろしゅうございました^^

> 特に紅葉の時は、彩りが華やかで
> 美しいですね。

やっぱり、秋って良いな

紅葉って良いなと、実感です^^

> 高兄さんがいらした時は
> 南庭の苔庭も赤く染まり始めた頃ですね。

そうですね、

紅葉の絨毯には、少し早かったかな??

> 侘びさびを求めて、日本文化を勉強してじっくりと高桐院を散策している方たちもいて微笑ましく嬉しかったり、ミーハー的に来られている方もいてなんだか複雑
> な気持ちでした。。。

まあ、写真を撮る方だけでなく

色んな目的、過ごし方の

致し方ないところでしょうか・・・・
高兄 | URL | 2019.12.11 08:21
Naoさん、こんにちは


> 冬枯れにはまだ早い…でも、十二分にその温度感伝わります…。
> この何とも言えない、薄墨の空がね、物言わず語ってます。

今年の紅葉も

まずまず、順調だった分

過ぎ去るのが早かった様な・・・

もう、冬ですよね^^;

> 一番寒い季節に上洛したいと、数年前にお出かけしました。
> 雪景色もあれば尚一層のお楽しみでしたが…。
> 漁師さんが絞めたシシをいただいて、身体がほっこりしたのを思い出します。

洛中で、雪が積もるのは

年に、数回程度

当たれば、幸運かも^^;
高兄 | URL | 2019.12.11 08:22
Ekaterinaさん、こんにちは

> 1枚目の写真の参道、素晴らしい風景とお写真ですね。

このアプローチに

初めて訪れた方は、やられてしまいます^^

> 晩秋というか初冬というか、今の季節らしい色合いや空気感、暗さを感じます。

わたしは、二段ぐらいアンダーで撮る事が多いです、特に秋は

> 敢えて暗い色調のままかと思いますが、写真って暗くてもいいんだな〜と気づかせていただきました。

恐縮でございます^^
高兄 | URL | 2019.12.11 08:24
marieさん、こんにちは

> 秋深まる感(初冬かな)が見事に表現されていて日本ならではの紅葉の風情ですね。
>
> 物悲しさ感もじーんときます。

晩秋は、どこか物悲しく、儚げなんですが

その美しい情景に、心奪われますね^^

> こっちは今17度。
> ロシアの観光客(こんな時期でも来るんだ)は半袖短パンで闊歩しています。(^^)

最近は、ロシア勢もやって来るんですね
高兄 | URL | 2019.12.11 08:26
ke-nさん、こんにちは

> 高兄さん、こんにちは。
>
> 残った葉もみじ、落ち葉もみじがなんとも侘しく、美しく感じられる季節になりました。

ええ

そして、早、冬の空気感

あんなに待っていた、秋も

過ぎ去ってしまいました

> もうすぐ白いものがちらほらと、そこまでやってきているような風情でございますね。
> 最後のお写真でそんなことを想いました。

ke-nさんは、

詩人だなぁ、やっぱり^^
メイフェ | URL | 2019.12.11 15:14 | Edit
やっぱり生粋の京男、高兄さんが撮る京都の紅葉。
格別ですね・・・。

先日、お夕飯を食べるだけに京都に行きました。
暗くて紅葉もなにもかも観られませんでした。

行く前は高兄さんの隠れ家のカフェに行こうと
思っていたのですが・・・次回は必ず!
高兄 | URL | 2019.12.12 07:51
メイフェさん、こんにちは

> やっぱり生粋の京男、高兄さんが撮る京都の紅葉。
> 格別ですね・・・。

被写体とカメラの御蔭です^^;

私は、未だ修行中

> 先日、お夕飯を食べるだけに京都に行きました。
> 暗くて紅葉もなにもかも観られませんでした。

奈良に寄られてから、京都に来られたんですね

良いですね^^

> 行く前は高兄さんの隠れ家のカフェに行こうと
> 思っていたのですが・・・次回は必ず!

はて、あそこかな??


Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ