FC2ブログ

金閣寺(鹿苑寺)


DPP_37854.jpg

古(いにしえ)の花言葉











DPP_37860.jpg

およそ、1300年前











DPP_37855.jpg

日本最古の歌集と云われる「万葉集(まんようしゅう)」











DPP_37859.jpg

様々な人々が、詠う歌が編纂されています











DPP_37857.jpg

不勉強で、最近知った事なんですが^^;











DPP_37858.jpg

この万葉集の中で、歌われた事が











DPP_37861.jpg


花言葉の由来となる花が在ります











DPP_37856.jpg

水辺に咲く、杜若(かきつばた)

この花の花言葉は、「幸せは必ずやって来る」

だそうですよ^^


P.S

blog「きょうと京都」は、あと2回で終了いたします


+金閣寺(鹿苑寺)+

京都市北区金閣寺町1
北区にある臨済宗相国寺派の寺院
寺名は足利義満の法名に因む、通称金閣寺(きんかくじ)、山号は北山
室町時代前期の北山文化を代表する建築で、1994年(平成6年)に古都京都の文化財として
世界遺産に登録された
中心となる建築物である舎利殿を「金閣」、寺院全体を「金閣寺」と通称している

応永4年(1397)、足利義満が河内国の領地と交換に西園寺を譲り受け、改築と新築によって一新した
この義満の北山山荘は当時「北山殿」、または「北山第」と呼ばれた
邸宅とは言え、その規模は御所に匹敵し、政治中枢の全てが集約された
義満は征夷大将軍を子の義持に譲っていたが、実権は手放さず、北山殿にあって政務を行っていた
義満の死後、義持によって北山殿は舎利殿を残して解体されるが、義満の遺言により禅寺とされ
義満の法号「鹿苑院」から鹿苑寺と名付けられた、夢窓疎石を勧請開山(名目上の開山)としている

アクセス 京都市バス 「金閣寺道」下車 徒歩3分





スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
https://takanii5.blog.fc2.com/tb.php/1070-955b20d4

Comment

rika3377 | URL | 2020.05.13 14:30
こんにちは。
カキツバタ、素敵ですね。
そんな花言葉があるとは知りませんでした。
今の状況から脱出だきる日が必ず来ることを祈ってます。
Nao | URL | 2020.05.13 14:53
杜若は、私もね、お料理のお献立の名前にも入れたくらい好き(*˘︶˘*).。.:*♡
すっきりとした男性的な、凛とした雰囲気が堪りません。
季節にマッチして爽やかさを与えてくれますね。

blog、止めてしまって、寂しくない??(';')
お忙しいのかしら??
machi* | URL | 2020.05.13 17:07 | Edit
高兄さんこんにちわ。
かきつばたの花言葉、なんて素敵なんでしょう。
ご紹介ありがとうございました。
そしてめっちゃ素敵な写真たち。
きらきらがこれからの日本、そして世界を映し出してくれているといいなぁ。

高兄さんありがとう。
今月末までかと勝手に思っていた~!(''ω'')
れんげそう | URL | 2020.05.13 20:47 | Edit
杜若の鮮烈な紫と水辺の輝きが美しいです

金閣寺さんはお庭も広いし、やはり見応えはありますね

ツツジはやはりこれに限ります(私見 笑)

幸せは必ずやってくる ううん素敵

高兄さんは必ずcomebackする 無理?^^いえ言ってみただけ

今年の金閣寺さんは喧騒とは縁がないですね

そう言えば。。。。太田神社の杜若も美しく咲いているのでしょうねえ。。。。

あ!やきもち食べたい 神馬堂さんのが。。。。

和歌山の高野山にも焼き餅オンリーのお店があります 
神馬堂さんと高野山の上きしやさん 私の中では双璧です^^
マリエ | URL | 2020.05.14 00:03
高兄さん こんにちは

杜若の向こうの玉ボケがいいですねー。

古風な紫の花という概念しかありませんでしたが
そういう花言葉があったとは,,

今だからこそその意味を知ると
心に響きますね。

あと2回かあ,,,(泣)
シクシク,,,
ミネット | URL | 2020.05.14 08:22
今回の写真はトーンが明るいですね。どの写真も心に降りかかるように優しいです。最後と最後から2枚目の写真が特に好きですが、やはり最後の杜若がメッセージそのものを届けてくださっているように感じます。ありがとうございます!(←勝手に受け取りました)笑。
高兄 | URL | 2020.05.14 10:37
rikaさん、こんにちは

> こんにちは。
> カキツバタ、素敵ですね。

この季節ならでは

水辺を彩っていますよ^^

> そんな花言葉があるとは知りませんでした。
> 今の状況から脱出だきる日が必ず来ることを祈ってます。

そうです、ピッタリですね

私も、最近知りました^^;
高兄 | URL | 2020.05.14 10:40
Naoさん、こんにちは

> 杜若は、私もね、お料理のお献立の名前にも入れたくらい好き(*˘︶˘*).。.:*♡
> すっきりとした男性的な、凛とした雰囲気が堪りません。

そうでしたか~

スラッと伸びた感じ、凛としていますね^^

> 季節にマッチして爽やかさを与えてくれますね。

確かに、季節を感じます

しかし、ここ数日、日中の暑さと来たら^^;

> blog、止めてしまって、寂しくない??(';')
> お忙しいのかしら??

この世の中の状況で

仕事の方は、てんで、暇なんですがねぇ・・・
高兄 | URL | 2020.05.14 10:47
MACHI*さん、こんにちは

> 高兄さんこんにちわ。
> かきつばたの花言葉、なんて素敵なんでしょう。
> ご紹介ありがとうございました。

いえいえ

私も、最近知ったんですよ

でも、希望の湧く良い言葉です

> そしてめっちゃ素敵な写真たち。
> きらきらがこれからの日本、そして世界を映し出してくれているといいなぁ。

そうですね

この撮影の日は、Tシャツ1枚で良いくらい暑かった^^;

> 高兄さんありがとう。
> 今月末までかと勝手に思っていた~!(''ω'')

ほんとは、後、3、4回ぐらい更新の予定でしたが

外出自粛や、拝観停止の寺院の関係やらで

ストックが無くなったぁ><
高兄 | URL | 2020.05.14 10:50
れんげそう様、こんにちは

> 杜若の鮮烈な紫と水辺の輝きが美しいです
>
> 金閣寺さんはお庭も広いし、やはり見応えはありますね

ええ

今回は利用出来ませんでしたが

お茶席も、御庭眺めながら、良いんですよね~^^

> ツツジはやはりこれに限ります(私見 笑)
>
> 幸せは必ずやってくる ううん素敵

はい、そうですよ^^

> 高兄さんは必ずcomebackする 無理?^^いえ言ってみただけ

・・・・・・・

> 今年の金閣寺さんは喧騒とは縁がないですね
>
> そう言えば。。。。太田神社の杜若も美しく咲いているのでしょうねえ。。。。

多分、一面の杜若、でしょう♪

> あ!やきもち食べたい 神馬堂さんのが。。。。
>
> 和歌山の高野山にも焼き餅オンリーのお店があります 
> 神馬堂さんと高野山の上きしやさん 私の中では双璧です^^

神馬堂さんの、焼き餅

初めて食べたのは、20年ぐらい前かなぁ・・・

今も、作り方変わらないんですよねぇ
高兄 | URL | 2020.05.14 10:53
marieさん、こんにちは

> 高兄さん こんにちは
>
> 杜若の向こうの玉ボケがいいですねー。

良い風が吹いてくれました

湖面が、波立ち

きらきらと、反射した時に、カシャ^^

> 古風な紫の花という概念しかありませんでしたが
> そういう花言葉があったとは,,

そうなんですよ

万葉集、偉大なる歌集です^^v

> 今だからこそその意味を知ると
> 心に響きますね。
>
> あと2回かあ,,,(泣)
> シクシク,,,

泣いても、笑っても

あと2回かぁ^^;
高兄 | URL | 2020.05.14 10:57
ミネットさん、こんにちは

> 今回の写真はトーンが明るいですね。どの写真も心に降りかかるように優しいです。

この日は、夏日の様な日差しで

コントラストが、ちょっとえぐい・・ですが

>最後と最後から2枚目の写真が特に好きですが、やはり最後の杜若がメッセージそのものを届けてくださっているように感じます。ありがとうございます!(←勝手に受け取りました)笑。

いえいえ

皆さんに、少しでもメッセージが届けば

こちらこそ、ありがとうございます^^v
zakkkan | URL | 2020.05.14 13:16
こんにちは
初夏の陽気に誘われて・・

出向かれましたか?
行ってみたいです・
あの金閣寺のお庭を「貸し切り」状態で

もう15年ほど、行っていません
一度、雪に、家から車を飛ばしました

嬉しかったです、あの景色、今でも目に浮かびます

古の。。そうですか
万葉の国、万葉の姿

京都には、その風景を、こんな時ならでは
みたいです・・(笑)

みせていただけて・ありがとうございます
高兄 | URL | 2020.05.14 14:50
zakkkanさん、こんにちは

> こんにちは
> 初夏の陽気に誘われて・・
>
> 出向かれましたか?
> 行ってみたいです・
> あの金閣寺のお庭を「貸し切り」状態で

自転車で、散歩です^^

日中の陽射し

最近、初夏の兆し、ですよね^^;

> もう15年ほど、行っていません
> 一度、雪に、家から車を飛ばしました
>
> 嬉しかったです、あの景色、今でも目に浮かびます

京都市内に住んでいても

なかなか、雪の金閣

お目にかかれませんから

雪化粧の舎利殿に青空の背景

最高でしょうね

> 古の。。そうですか
> 万葉の国、万葉の姿
>
> 京都には、その風景を、こんな時ならでは
> みたいです・・(笑)
>
> みせていただけて・ありがとうございます

こちらこそ

暖かいコメント

ありがとうございます^0^
iku | URL | 2020.05.14 23:06
高兄さま

もうツツジの季節ですね~。
杜若も初夏の花ですね。
素敵な花言葉♪
外出制限が始まった頃は桜の話の話題だったのに!
あっという間ですね。

ブログ、後2回で終了されるとのこと。
自粛が延長なぶんブログも~とお願いしたいのですが・・・決めれたのですね。

20年以上前に大学受験の際、金閣寺の近くのホテルに泊まって試験に挑んだことを思い出します。
やっぱりこの季節が良いですね♪
EkaterinaYoghurt | URL | 2020.05.15 14:47
金閣寺と杜若。いい風景。

あと2回、楽しみにしてますね^^
boheme0506 | URL | 2020.05.15 23:45
こんばんは~。
金閣寺って春にいろんな花が咲いてるんですね。
私、もうずっとずっと雪が積もった時しか
行ったことがないんですよ。
本当に2回で終わるのですか?
お引越しもないと仰っていましたが
写真をやめるわけではないと思うので
勿体ないです。
また時々blogにも遊びにきてくださ~い^^
sakayo | URL | 2020.05.16 06:39 | Edit
金閣寺さんは、実際に訪れるよりも、三島由紀夫の小説で読んだ方が先でした。
小説は、金閣寺の美しさに魅せられてしまった男のお話なのですが、
どんだけ綺麗なんだろうって想像しながら初訪問した時の事を覚えています。
私は、京都の観光名所の中で。おすすめの寺院は?って聞かれたら、
間違いなく金閣寺の名前をあげます。
これほどまでに、優美でゴージャスなお寺は、世界中探してもありませんし、
前評判や小説以上に、見た時のインパクトがあります。

入場券(拝観券?)はちょっとしたお札(ふだ)の様になっていますし、
最初に行った時の入場券、しばらく部屋に貼っていたくらいです。(笑

金閣寺は何回か焼失していますが、その都度、見事な復活を遂げてきました。
きょうと京都の復活も、期待しております。
高兄 | URL | 2020.05.16 08:56
ikuさん、こんにちは

> 高兄さま
>
> もうツツジの季節ですね~。
> 杜若も初夏の花ですね。

そうなんです

季節は、確実にすすんでいますね^^

> 素敵な花言葉♪
> 外出制限が始まった頃は桜の話の話題だったのに!
> あっという間ですね。

この世界に起こっている事態も

すこしづつ、良転していること信じています^^

> ブログ、後2回で終了されるとのこと。
> 自粛が延長なぶんブログも~とお願いしたいのですが・・・決めれたのですね。

そうですね、皆様から、色々仰っていただいて、後ろ髪ひかれまくりです^^;

> 20年以上前に大学受験の際、金閣寺の近くのホテルに泊まって試験に挑んだことを思い出します。
> やっぱりこの季節が良いですね♪

ikuさんには、懐かしい思い出でしょうか^^
高兄 | URL | 2020.05.16 08:59
Ekaterinaさん、こんにちは

> 金閣寺と杜若。いい風景。
>
> あと2回、楽しみにしてますね^^

おおきに^^

Ekaterinaさんの、ブレンナー線シリーズも

毎回、愉しく拝見させて頂いているんですよ、私^^v

その御蔭で、もう、ミュンヘンに行きたくて、行きたくて♪
高兄 | URL | 2020.05.16 09:03
さおりさん、こんにちは

> こんばんは~。
> 金閣寺って春にいろんな花が咲いてるんですね。
> 私、もうずっとずっと雪が積もった時しか
> 行ったことがないんですよ。

やはり、御庭が広い場所なんで

舎利殿以外にも

たくさん見所、季節、季節の表情があります

紅葉も勿論ですが、夏の終わりの百日紅も良いですよ^^v

> 本当に2回で終わるのですか?
> お引越しもないと仰っていましたが
> 写真をやめるわけではないと思うので
> 勿体ないです。

カメラ自体は、ちょっと休憩のあと

続けていきますが・・・やっぱり、その内、皆に見てもらいたくなるのかなぁ・・・

> また時々blogにも遊びにきてくださ~い^^

はい、はい、勿論です~^0^
高兄 | URL | 2020.05.16 09:14
sakayoさん、こんにちは

> 金閣寺さんは、実際に訪れるよりも、三島由紀夫の小説で読んだ方が先でした。
> 小説は、金閣寺の美しさに魅せられてしまった男のお話なのですが、
> どんだけ綺麗なんだろうって想像しながら初訪問した時の事を覚えています。

三島の金閣寺は

御存知の様に、昭和25年の金閣寺焼失事件から

ヒントを得ているのですが・・・

JR嵯峨野線の車窓から

犯人(舞鶴出身の21歳修行僧)の母親が、保津橋で飛び降り自殺した話は

背筋が震えました

私は、未だに嵯峨野線やトロッコ列車に乗って

保津橋あたりで、列車が一時停車するたびに、この事、思い出します><

> 私は、京都の観光名所の中で。おすすめの寺院は?って聞かれたら、
> 間違いなく金閣寺の名前をあげます。
> これほどまでに、優美でゴージャスなお寺は、世界中探してもありませんし、
> 前評判や小説以上に、見た時のインパクトがあります。

確かに、確かに

京都人の私でも、この金閣寺の舎利殿と、龍安寺の石庭を見た時は

ほんとに、存在したんだぁ~みたいな、静かな感動がありました

> 入場券(拝観券?)はちょっとしたお札(ふだ)の様になっていますし、
> 最初に行った時の入場券、しばらく部屋に貼っていたくらいです。(笑
>
> 金閣寺は何回か焼失していますが、その都度、見事な復活を遂げてきました。
> きょうと京都の復活も、期待しております。

わわわ、プ、プレッシャ~^^;
メイフェ | URL | 2020.05.18 17:53 | Edit
美しいですね~金閣寺。
どれだけの人がこのお寺を観てきて
どんな風に感じていたんでしょうね。

小学校の修学旅行で行ったのが初めてです。
それから5回ぐらい行きましたが
その都度、行ったメンバーや行った年齢で
感じることが違いました。

落ち着いたらまた行きたいですが
その頃はまた人でいっぱいかな~。
高兄 | URL | 2020.05.19 10:08
メイフェさん、こんにちは

> 美しいですね~金閣寺。
> どれだけの人がこのお寺を観てきて
> どんな風に感じていたんでしょうね。

この舎利殿(金閣)には

謎も多く

いったい、いつごろから金箔が貼られたのか

諸説あるんですよ^^

> 小学校の修学旅行で行ったのが初めてです。
> それから5回ぐらい行きましたが
> その都度、行ったメンバーや行った年齢で
> 感じることが違いました。

なるほど~

有る在るですね^^

私も、義満と金閣について

知れば、知るほど

感じ方も変化していきました

> 落ち着いたらまた行きたいですが
> その頃はまた人でいっぱいかな~。

どうなるんでしょうかねぇ^^;
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ