FC2ブログ

地蔵院


DPP_37897.jpg

「とんちの一休さん」として、有名な人物

一休宗純(いっきゅうそうじゅん)

彼には、様々な逸話があります・・・・・











DPP_37899.jpg

晩年、病に臥せった宗純は、

ある晩、5人の弟子を枕元に呼び

こう、云いました











DPP_37898.jpg

「もし、自分が亡くなった後、自分たちで、どうしても解決出来ない難題があった時だけ

この箱を開けなさい」

そう云って、黒塗りの小さな木箱を弟子たちに渡しました











DPP_37901.jpg

それから、数ヶ月の後

その年の暮れに、宗純は亡くなります

しばらくは、平穏な日々が続きますが

2年が、過ぎた頃・・・・











DPP_37904.jpg

寺の周りでは、悪疫な流行り病が広がり

さらには、悪い事が重なり

火付けによる火事で、寺の本堂は全焼してしまいます











DPP_37903.jpg

宗純の弟子たちは、途方に暮れてしまいます

この先、いったいどうすれば良いのだろうか

その時、師である宗純に生前渡された、黒い木箱の事を思い出します











DPP_37900.jpg

幸い火事では焼けなかった庫裏(くり)の奥に

しまい込んでいた小さな木箱を、皆で開けてみようと云う事になりました

もう、それしか解決の道は無いと

箱を開けてみると、小さな2つ折の紙が1枚入っています












DPP_37902.jpg

その紙以外には、何も入っていません

紙を開けると、そこには宗純の自筆で

「大丈夫、何とかなる」











DPP_37905.jpg

弟子たちは、お互いの顔を見合わせ

一瞬の、沈黙の後に

大きな声を上げて、笑い出したと云います











DPP_37906.jpg

西京区にある地蔵院(じぞういん)は

宗純が、幼少の折

まだ、千菊丸(せんぎくまる)と呼ばれていた頃に、修行していた御寺です


P.S

blog「きょうと京都」は、次回で終了いたします



+地蔵院(じぞういん)+

京都市西京区山田北ノ町23
西京区にある臨済宗の寺院、山号は衣笠山、本尊は地蔵菩薩 
周囲を竹林で囲まれていることから竹の寺の通称で知られている
一休宗純は幼少時、この寺で修行したと伝えられる
応安元年(1368)、室町幕府管領を務めた武将細川頼之によって創建された
頼之は碧潭周皎(へきたんしゅうこう)に帰依して出家した
当寺の実質的な開山は碧潭周皎であるが、碧潭は法兄である夢窓疎石を勧請開山としている

南北朝時代には勅願寺となって寺運も興隆したが、応仁の乱の兵火により伽藍を焼失し寺運も衰えた
江戸時代中期に中興され、江戸期には天龍寺に属した
昭和43年に独立して単立寺院となった
アクセス 阪急嵐山線「上桂」駅下車 徒歩15分





スポンサーサイト



Trackback

Trackback URL
https://takanii5.blog.fc2.com/tb.php/1073-cc3f3f62

Comment

れんげそう | URL | 2020.05.26 11:54 | Edit
素敵なお話ありがとうございます

地蔵院は高兄さんのブログを以前拝見して、伺ったところです
感謝です
喧騒の嵐山を外れ、静かに佇むこのお寺さんに強く惹かれました
ここの山門のアプローチがとてもとても好きです
写真を拝見してその思いが蘇ります
竹林の美しさにため息を。。。。
庫裏の撮影もできるようになったんですね
京都 絶対行かなくっちゃあ!
キーワードに39が入ってました 高兄さんにサンキュー^^
teakota | URL | 2020.05.26 12:28 | Edit
こんにちは。

穏やかな緑、癒されます。
落ち着きますね。

「大丈夫、なんとかなる。」
笑ってしまいました。
気持が軽くなりますね。
ありがとうございます。
boheme0506 | URL | 2020.05.26 12:52
こんにちは~♪
高兄さんも行かれたんですね。
私は日曜日に行ってきました。
「大丈夫、何とかなる」というのは
なんだか今に通ずるものがありますね。
本当に終わっちゃうんですね~。
Nao | URL | 2020.05.26 15:27
まさに‼欲しい言葉でしたね…。

そうなのヨね…。

何とかなるさ、

何とかするさ、

似ているようだけれど…後者は、能動的。

でも、前者は、そう言われたら、ホッと安堵出来ますよね…。
(*˘︶˘*).。.:*♡
ミネット | URL | 2020.05.26 16:33
素敵なお話ですが、「大丈夫、なんとかなる」は言う人を選ぶと思います。うちの旦那の様でしたら周囲の人が何とかしてくれると思いますから、周囲が大変です。まぁ、それも「なんとかなる」うちの一つの形かもしれませんがね。一枚目、二枚目、そして竹の写真素敵です。5月なんだなぁとしみじみ思いました。
アラック | URL | 2020.05.26 20:54 | Edit
高兄さん、アラックです。
地蔵院さん、行ったことがないんですよ。
光と影も素晴らしいですが、落ち着いた雰囲気で
ゆっくりノンビリ訪れないです。
まあ、外国の方が再来されたら無理かと思いますが。
アラック、やっと、昨年の6月以来の給料を6万円頂きました。上洛は9月の個人積み立て年金がもらえるまでは無理です。
いつの日は、高兄さんとお会い出来る日を夢見ています。
blog、本当に終わりなんですか。
sakura | URL | 2020.05.26 22:03
高兄さん、こんばんは。
地蔵院、新緑の頃、
深い緑と竹林に囲まれた美しいお寺ですね。
数年前に行きましたが
心が洗われるようです。

一休さんの逸話、なんだか
今の世の中の情勢に通じるお話ですね。
高兄 | URL | 2020.05.27 08:36
れんげそう様、こんにちは

> 素敵なお話ありがとうございます

なかなか、おもしろいですよね^^

> 地蔵院は高兄さんのブログを以前拝見して、伺ったところです
> 感謝です
> 喧騒の嵐山を外れ、静かに佇むこのお寺さんに強く惹かれました
> ここの山門のアプローチがとてもとても好きです

以前も、仰ってましたね

本当に、素敵な寺院ですよね~

この時期、蚊が多いですが・・・・^^;

> 写真を拝見してその思いが蘇ります
> 竹林の美しさにため息を。。。。
> 庫裏の撮影もできるようになったんですね
> 京都 絶対行かなくっちゃあ!

そうなんですよね、奥の御庭

昨年から、撮影出来る様に

カメラを趣味とするものにとっては

嬉しいですね、はい^^

> キーワードに39が入ってました 高兄さんにサンキュー^^

こちらこそ、コメントありがとうございます^^
高兄 | URL | 2020.05.27 08:41
teakotaさん、こんにちは

> こんにちは。
>
> 穏やかな緑、癒されます。
> 落ち着きますね。

確かに

心持ちが、ゆっくり

静かに、深呼吸です^^

> 「大丈夫、なんとかなる。」
> 笑ってしまいました。
> 気持が軽くなりますね。
> ありがとうございます。

一休禅師のエピソードはね

色々とあるんですが

若い頃の、時の将軍家、足利義満との話は有名なんですが

晩年の話は、あまり知られてなんですよね~

私は、この話が好きで

何かのタイミングで、話せたらと思っていました^^
高兄 | URL | 2020.05.27 08:50
さおりさん、こんにちは

> こんにちは~♪
> 高兄さんも行かれたんですね。
> 私は日曜日に行ってきました。

そうでしたか~

私は、その2日前だと思います

蚊が・・・^^;

> 「大丈夫、何とかなる」というのは
> なんだか今に通ずるものがありますね。
> 本当に終わっちゃうんですね~。

そうなんですよね~

一休宗純の話は

漫画、アニメの様な人物像より

逸話上の彼の方に、魅力を感じます

破戒僧、

狂雲子と自ら名乗った、一休宗純に^^
高兄 | URL | 2020.05.27 08:58
Maoさん、こんにちは

> まさに‼欲しい言葉でしたね…。
>
> そうなのヨね…。
>
> 何とかなるさ、
>
> 何とかするさ、

ですね~

ですよ^^

> 似ているようだけれど…後者は、能動的。
>
> でも、前者は、そう言われたら、ホッと安堵出来ますよね…。
> (*˘︶˘*).。.:*♡

一休宗純というキャラクターも有るんですが

彼の話、懇意であった本願寺派八世、蓮如とのかけあいとか

とても、おもしろいんですよ♪
高兄 | URL | 2020.05.27 09:04
ミネットさん、こんにちは

> 素敵なお話ですが、「大丈夫、なんとかなる」は言う人を選ぶと思います。

>うちの旦那の様でしたら周囲の人が何とかしてくれると思いますから、周囲が大変です。

ははは、そうなんですか~

まあ、色んなキャラクターの人が居ますからね

>まぁ、それも「なんとかなる」うちの一つの形かもしれませんがね。

私は、この逸話が好きなんですよ

「何とかなる」の部分で、はっとするんですよ、そして、その後、暖かい気持ちになれる

短いエピソードなんですが、凝縮された濃い話です

>一枚目、二枚目、そして竹の写真素敵です。5月なんだなぁとしみじみ思いました。

新緑が、雨に輝く季節、到来です^^v
高兄 | URL | 2020.05.27 09:08
アラックさん、こんにちは

> 高兄さん、アラックです。
> 地蔵院さん、行ったことがないんですよ。

中心部から、離れているので

たっぷり半日ぐらい使うつもりで、拝観を

魅力在る寺院です^^

> 光と影も素晴らしいですが、落ち着いた雰囲気で
> ゆっくりノンビリ訪れないです。
> まあ、外国の方が再来されたら無理かと思いますが。

此処は、通常時でも

紅葉の時期以外、とても静かですよ~

良いところです♪

> アラック、やっと、昨年の6月以来の給料を6万円頂きました。上洛は9月の個人積み立て年金がもらえるまでは無理です。
> いつの日は、高兄さんとお会い出来る日を夢見ています。

ははは、光栄ですが

案外、御逢いしたら、がっかりかもしれませんよ

私、ぺらぺらですから^^;

> blog、本当に終わりなんですか。

そうですね、5月末で終了させて頂きます
高兄 | URL | 2020.05.27 09:12
sakuraさん、こんにちは

> 高兄さん、こんばんは。
> 地蔵院、新緑の頃、
> 深い緑と竹林に囲まれた美しいお寺ですね。

そうなんですよ

蚊に多く噛まれやすい体質の私には

これから、鬼門ですが・・・><

あと、紅葉の時期も

とても良いですよね、竹の青と紅葉の紅

> 数年前に行きましたが
> 心が洗われるようです。
>
> 一休さんの逸話、なんだか
> 今の世の中の情勢に通じるお話ですね。

確かに、現在の情勢でも

通じる部分あるかと

要は心の持ち様、そこから考えを始めても良いのではないか^^
マリエ | URL | 2020.05.28 00:50
高兄さん こんにちは

癒しの緑ですね。

箱の中の言葉,なんとかなる

ちょっとニンマリですね。^_^

なんとかなるって思える境地に到れば
人間は前向きに歩き出すのかもしれませんね。

そこに至るまでは辛いけれど


次回が最終回
ウッウッウッ
悲しい,,,,
machi* | URL | 2020.05.28 18:55 | Edit
こんばんわ。
語りがやさしいですね~
しみるぅ~
そして笑顔になりました(*^-^*)
ありがとうございます。
高兄 | URL | 2020.05.29 21:24
marieさん、こんにちは

> 高兄さん こんにちは
>
> 癒しの緑ですね。
>
> 箱の中の言葉,なんとかなる
>
> ちょっとニンマリですね。^_^

このエピソード、

私、好きなんですよ

一休宗純の逸話は、

どれも、おもしろいです^^

> なんとかなるって思える境地に到れば
> 人間は前向きに歩き出すのかもしれませんね。
>
> そこに至るまでは辛いけれど

仰るとうりだと思います

特に、今の状況は、大変ですね

> 次回が最終回
> ウッウッウッ
> 悲しい,,,,

笑顔で、見送ってください^^
高兄 | URL | 2020.05.29 21:26
Machi*さん、こんにちは

> こんばんわ。
> 語りがやさしいですね~
> しみるぅ~

良いでしょ

この御話

一休と蓮如の話とかも、良いですよ~♪

> そして笑顔になりました(*^-^*)
> ありがとうございます。

そう云って頂けたら

私も、笑顔(^0^)

おおきに~
Comment Form
公開設定

プロフィール

高兄

Author:高兄
古きを訪ね、京都を知る

京都生まれ、育ち

高兄が綴る京都雑記帳

お気軽にコメントおくれやす♪

+相棒+

eos 5dmk3


+お願い+

ブログで使用している写真は

全て、私、高兄が撮影した写真です

無断使用は、ご遠慮ください

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ